美しい水彩画は誰でも描ける

コツさえ掴めば、絵心がなくても美しい水彩画をスラスラ描けます。

貴方は水彩画をなぜ上手く描けなかったのでしょうか?
モチーフをしっかり見て描いたのに、印象が全然違う。色を塗るとベタッとした子供の描いた絵のようになる。
周りの人は絵が上手いのに、自分だけ下手に感じる。そんな悩みはありませんか?
実は自己流だから、美しい水彩画にならなかったのです。もし貴方が、プロのコツさえ身につけたなら、貴方にも、すごいキレイと家族や友人に云われる、 美しい水彩画を描くことは簡単です。

凄いと云われる美しい水彩画には秘密があります。
1. 絵が美しく見える秘密。
それは絵に「立体感」があるか、無いかです。モチーフをある見方をするだけで、立体感のない絵から、一瞬で卒業できるでしょう。

2. 絵がベタッとした印象になるのは、絵の具の使い方を間違えています。
水彩画は、絵の具を沢山使うものではありません。絵の具を沢山使わなくても、立体感や風景画なら遠近感を表現できるコツがあります。 それを知っていたなら、特徴の柔らかい印象を活かした、大人の水彩画を描けることでしょう。

3. ボカシやニジミのテクニックは単発で覚えるものではありません。
たいていの初心者は、まずテクニックを覚えて、水彩画を描こうとしてしまいます。 しかし、どこにどんなテクニックを使えば良いのか、実際に絵を描くときに迷ってしまいます。 まずは、「見て真似する」だけの映像をみながら、美しい水彩画を完成させてみましょう。 テクニックは絵を描きながらでも覚えられます。

想像してみて下さい。もし、貴方も憧れの水彩画を思い通りに描けたなら。
散歩道で見かける、素晴らしい景色も、「風景画」として残すことができます。 家族や友人に、絵を描いてあげることもできるでしょう。それだけではありません。 お気に入りの自慢の絵を、コンクールに応募します。それから自分の作品集を作る。そんな憧れの水彩画ライフも手に入れることができるでしょう。

>> プロ直伝 初回から完成度の高い水彩画を完成

水彩画